フリーランスエージェントに話をきいた

フリーランスの技術者に案件を紹介するエージェントがあるので話を聞いてみたので自分の備忘録としてまとめておく。

経験3年ほどのJavaエンジニアとして話を聞いた。場所は大阪。

事前にネットで調べると全国的にA社が強いのと地方ではB社が強いような情報があったのでその2社に話を聞いた。

A社
  • 報酬 ざっくり、エージェント手数料引いた上で、 業務経験5年以上あって上流工程を担当できれば60万円。 業務経験3年程度で開発だけの案件であれば50万円。 Javaは案件はたくさんありそう。これからの市場で価値があがりそうな案件かは未知数。

  • 契約形態 準委任契約のみ。 請負や派遣ではない。

  • その他 現在の会社が自分のために払ってくれているお金は社会保険の折半や交通費などあるが だいたい受け取れる報酬の15%くらいを現在の会社が負担しているお金だと思ったら大丈夫そう。 つまり、今の月給が20万だったら、23.5万くらい稼げば同等の計算になる。(本当か?) A社のエンジニアは法人化している人が多いとのこと。青色申告は3/15までに出す必要があるので注意。 報酬の支払いサイクルが早い。

B社
  • 報酬 長くこのエージェントを介して仕事をすれば報酬の分配比が上がっていく。 発注元の金額がいくらで分配比も明示されているので透明性がある。 Java業務経験3年ほどで基本設計以降で60〜55万円くらい。

  • 契約形態 準委任契約メイン。 請負や派遣は0ではないが非常に少ない。

  • その他 個人事業主がメインで法人化していると提出書類が多くなりエージェントからのサポートが薄くなる。(変えようとしているところではあるらしい。) エージェント主体での教育や横のつながりをつくる機会を積極的につくっている雰囲気がある。 支払いサイトは案件の支払いに依存する(長め)

今年もふるさと納税をしていく

今年もやりますふるさと納税

2018年も早いもので半分が既に終わってしまいました。 税金というものは年単位のものなので今年のふるさと納税枠をそろそろ使っていかないといけません。 12月末までに使わないといけない。 まぁそんなに稼いでないし、さらには医療費控除や確定拠出年金の控除があるので課税所得自体が少なく、ふるさと納税で使える寄付の枠というのも全然ないんですけどね。 それでもやるほうがお得なので今年もやっていきます。

ちなみに去年の記事 ふるさと納税してみた - 日記

さとふるはどうだったの?

上の去年の記事にもあるように去年は「さとふる」を用いてふるさと納税を行いました。 しかし、ふるさと納税代行サイトは他にもいろいろあります。

さとふるを使った感想

メリット

デメリット

  • 品揃えが多くはなさそう

品揃えはふるさとチョイスが圧倒的に多いようです。 サイトの比較は下記が参考になりそう。 ふるさと納税の8大関連サイトを徹底比較!最も便利なサイトはどこ?取扱い自治体数や特典は?ザイがおすすめするサイトはここだ!|ふるさと納税おすすめ特産品情報|ザイ・オンライン そんなわけで初めてやってみるにはさとふるは良かったと思います。 しかし、向上心を忘れないのでよりよいものを考えました。

楽天にしてみた

今年は楽天からふるさと納税をしてみます。 品揃えはさとふるよりも同じか少ないくらいです。 ユーザーインターフェースはさとふるの方が良いです。 じゃあなんで楽天なのかと言ったら、想像つくかもしれませんが、ポイントです。 楽天ポイントが寄付に対してでも付くので数万円寄付したら1%でも数百円のポイントが付きます。 税金控除しつつポイントも貰えるのはおいしいよねってことで微々たるものですが、今年は楽天ふるさと納税していこうと思います。

全世界統一ポイントカード

ポイントカードというものが好きでない。
広くポイントカードは普及してしまっているので、普段使う店すべてでポイントカードを作ってしまうと膨大な枚数のポイントカードを毎日持たないといけなくなってしまう。いく店ごとに財布の中身からポイントカードを入れ替えるのも煩雑だし、急に利用しようと思うと対応できない。全世界統一ポイントカードがあれば1枚持つだけでいいのに。そんなことを思う。

財布をパンパンにしたくない。管理が煩雑にもしたくない。ということで基本的には僕はポイントカードはすべて断っている。

だけど、気になるところもある。ポイントカードをうまく利用している人もいる。なんらかの特典をその人たちは得ているのだけど、その経費はどこからでているのか。もちろん、店が利益を無理に切り詰めたりどこかから補助がでているなんてことはなく普通に客が払うお金の中からでている。つまり、ポイントカードを利用する人はそれに対する見返りをポイントカードの特典で得ているが、ポイントカードを利用しない人はポイントカード制度のお金を払っているのだけど、それの見返りをもらっていない。微々たるものなんだろうけどね。

そんなことをずっと思っていたのだけど、先日全世界統一のポイントカードがあることを発見してしまった。それはクレジットカードだ。クレジットカード払いを選択すると店のポイントカードと同じようにクレジットカードのポイントやマイルなど同等なものが溜まっていく。

そのポイントはカード会社が好意でくれているのか?そんなことはない。じゃあ誰が負担しているのか。クレジットカード払いをすると店が手数料をカード会社に払う。その手数料で得た利益の一部を僕らにポイントという形で還元してくれる。店の手数料は誰が負担するのかというと、表面上は店だけど、結局はお客が払うお金で賄っている。

クレジットカード払いをする人はクレジットカード払いシステムの経費も払って、クレジットカードポイントももらっているけど、現金払いの人はクレジットカード払いシステムの経費を払いつつもその見返りはなにももらっていない。これは店のポイントカードシステムと同じ構造だった。

そんなことに最近気づきました。店のポイントカードは全然使ってませんが、全世界統一ポイントカードのクレジットカードはめっちゃ使ってます。交通系ICカードのチャージと会食での割り勘くらいでしかもはや現金使わなくなった。

転職先どうしようか

1年以内くらいに転職できたらいいなと思っている。 どんなとこがいいかなと時々思いつくけど忘れてしまうのでメモとして残しておこう。 現業はITエンジニアとして他社が行っているいろんなITプロジェクトに派遣される仕事。

こんなとこが不満だな
  • 働く場所が不定 参画するプロジェクトによって勤務地が変わるので仕事場の近くに居を構えて通勤時間を少なくするとかできない。
  • 良い悪いプロジェクトが運 基本的には会社の方針でどういうプロジェクトに行くのか決まる。 そこがいいプロジェクトなのかわるいプロジェクトなのかは運。 「現場ガチャ」とか言われたりする。現場ガチャでいい現場にいけばスキルがつくけど 運が悪いと何年も単純作業やらされてなにも身につかなかったりする。
こんなとこがいいな
  • リモートワーク、在宅ワークができる 通勤無駄だしストレスだからしたくない。もしくは通勤時間30分以内。
  • 自社のサービスを持っている いまが人材派遣業みたいなものなので虚しい。なかなか自分ごととして見られない。
  • 社会的意義のある仕事
  • エンジニアがリスペクトされている 社内SEみたいなのは嫌だな
  • 自社開発している
  • 開発スタイルがレガシーでない
  • 服装自由。ヒゲOK。

まとめると、会社のミッションに共感でき、働き方のスタイルが自由で、自分の成長も見込める会社がいい

普通は違うから

なんだか普通に結婚して家かって会社員するみたいなイメージあるけど。親に自分は大学まで出させてもらったし海外旅行にも連れて行ってもらったし子供にも同じようなことさせたいとか。自分は子供のころ○○をしたかったけど、できなかったから子供には○○させたいとか。
25年前の普通と2018年の普通は違うから。25年前にいまのスマホなんて何億かけても得られないから。普通が違うので。昭和の成長期は子供つくって家買ってが普通だったかもしれないけど、いまの一般人が両方やると家計破綻する。
じゃあ、いまの普通はなんだって、SNSで流れてくる他人の生活も普通ではない。普通なことはSNSには投稿しない。どっか普段行かないところにいっただとか、普段食べないものを食べたとか、普段見られないものを観たとかそういうものをシェアしようとする。だから、タイムラインに流れてくる情報を見ていまの普通の人たちはこんなことしてるのかって思わなくていい。逆に、めっちゃなんの変哲もない情報を流してくるやつがいたら、そいつの日常はまわりから非日常かもしれない。知らんけど。
みんな健やかに生活していって欲しいと思う。

大阪に引っ越した

東京から大阪に引っ越しました。ついにシェアハウスからの脱出。ジェイルブレイク!
住む場所を決める自由がある。
ひとつめの理由は東京の通勤が嫌になったこと。ある日、通勤電車に乗っていたら特に混んでいて身動きがまったくとれないレベル。基本的人権が尊重されていない。それだけならまだしも、周りのどれかのおっさんが放屁したようでとても臭い。僕は抗うこともできずただその屁を吸うしかなかった。このときに、もう東京ないなと判断しました。

ふたつめの理由は家賃が高い。シェアハウスをそろそろ出たかったのだけど、家賃がだいたい高い。安いところにいこうと思っても通勤時間が伸びてしまえばそれは幸せではないので却下。東京はだいたい安いのだけど、家賃だけはとても高いので地方に行くことにしました。

みっつめの理由は彼女に大阪に戻りたいという要望があったこと。地方なら福岡がいいかなと思っていたのだけど、大阪がいいとのことだったのでとりあえず大阪に来ました。

どれだけ大阪にいるのかはわかりませんが、住む場所が変わって良い変化が自分にあるといいなと願い行動していこうと思います。

『日本再興戦略』を読んだのでメモ

落合陽一の『日本再興戦略』を読んだのでそのメモです。

 

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 

 

日本は欧州型と米国型の制度を取り入れて近代化したが、時代に合わなくなってきた。
日本人の性質に合うもの合わないものを精査しつつ変えていかないといけない。

日本人の性質

公平にこだわり、平等にはこだわらない。
例えば、センター試験のような公平な試験にはこだわるけど、教育機会の格差などの平等にはこだわらない。
西洋的な”個人”は合わない。西洋的な思想は個人が神を目指す思想。日本人は自然の中の同質性、均質性に紐づく。
仕事のON/OFFの切り替えも合わない。高ストレスな仕事のオンと、休息のオフは合わず、ストレスなく続けられる様々な仕事の中でずっと働くことが合っている。ワークライフバランスではなくワークアズライフ。
日本人は個人としては異端になりにくいが、集団としては異端になりやすい。オープンで流動的なムラを全国につくることが大事。
西洋国家的な中央集権化は合わない。ローカルの再発見に力を入れて10万〜100万人の人口都市、つまり市レベルで自治を行っていくのがいい。ex.つくば市、福岡市
天皇を象徴とし、官僚が実務を行う官僚主導の管理経済型の仕組みを大化の改新からずっとやっている。
国教を定義せずに、信仰を定義した特殊な国。
士農工商のようなカーストが合ってる。
百姓のような100の生業の仕事ポートフォリオをもつこと目指すのが良い。
画一化はマスメディアの罪。
日本は拝金主義。文化、美意識、教育で拝金主義を変えないといけない。

 

 テクノロジーの進化

ます生産からダイバーシティ生産へ。
自動翻訳の普及。伝える言語の学習より伝えたいことが大事。
自動運転が普及。タクシーが安い。職業運転手は昔のエレベーターガールのような存在に近くなる。渋滞の解消。
第五世代移動通信システムで通信速度100倍、容量1000倍。2020年から東京でスタート。遅延が1ミリ秒の遅れになる。空間伝送がやりやすくなる。二次元データのやり取りから三次元データのやりとりにかわる。
前出の自動運転ともミリ秒の遅延であれば相性が良い。
これから物質と仮想現実と複合現実の区別がつかなくなっていく。

 

日本再興戦略

人口減少、高齢化がチャンスである理由。1つめ、労働者がいないのが共通認識なので、自動化、省人化に対する抵抗がない。2つめ、他国に先駆けての問題のためソリューションを輸出できる。3つめ、子供が少ないので貴重という意識ができ、子供に投資しやすくなる。
明確なビジョンがあり、そこにテクノロジーを活かせるのであれば海外投資家から見ても投資対象になりうる。

機会化により生産性を増やせば人口は6000万ほどまで減っても良い。移民受け入れは微妙。

再興の切り札はブロックチェーン。非中央のトークンエコノミー。いろいろなVALUやタイムバンクやポイント制度などで親和性ある。自治体のICOで攻めの投資ができる。

 

政治

機械自衛軍つくろう。インドと仲良く。インドのこともっとしろう。

いまの民主主義はマスがでかいのでもっと小さく考えないといけない。地方自治をすすめよう。

マッチョなリーダーから弱さのある共感できるリーダーへ。

教育

磨くべき能力ふたつ。ポートフォリオ・マネジメントと金融的投資能力。

複業化していくのでそのポートフォリオをどうすればいいのかを管理する力。どの仕事をコストセンターにして、どの仕事をプロフィットセンターにするか考える。金融的投資能力とは何に張るべきかを予測する能力。時代感覚をつかむことが大事。

以上の2つの能力を磨くために幼児教育として五感を振るに使ったほうが良い。幼稚園にいかなくていい。小学校では好きなものや好きなアクティビティをみつけること。

高校はダメダメで、受験の弊害。センター試験なくした方がいい。大学では研究。

 

仕事

ワークライフバランスは合わない、ワークアズライフになるので、ストレスマネジメントが大事。

兼業解禁と解雇緩和。自分探しより自分ができることから始める。最先端の技術の発達速度が人の学習スピードより早いので目標設定してる間に時代が変わっていくので予測が意味なくなる。やったことで自分らしさが逆に規定される。

自分がそれをしたいのか、できるのか、やるべきなのかの区別はつけたほうがいい。

 

 

めちゃくちゃ乱暴なメモなので本を自分で読んでみてね。