『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』を読んだメモ

『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』を読んだので、そのメモです。

 

タイトルだけみて借りてみたので、『貧乏はお金持ち』みたいな本かと思ったけど、違いました。下記のことを伝える本でした。

お金持ちになる法則Ⅰ

自分のために働き、自分のお金をつくる

お金持ちになる法則Ⅱ

自分のお金を働かせて、お金を生ませる

法則Ⅰは貯める力について説明している。自分で働いて得たお金をローンの返済に使えば建築会社と銀行のために働いていることになるし、保険の支払いに使えば保険会社のために働いていることになる。収入をしっかり貯めることで自分のお金をつくることができる。

僕は家に不要なものが存在することが嫌なタイプで「ゴミに家賃を払いたくない」とよく言っている。管理のための認知的コストもかかるし、そのモノが存在するスペース(家賃)に金銭的コストもかかる。この法則の考えでいうとゴミのために数分でも労働をしていると思うとやはり無価値なものには資源を投下したくないと思う。

現代社会の中で生活することは、「多くの企業が練りに練った販売戦略を行い、消費活動を喚起させようとしている社会で生きていく」ということなのです。

世界の中でもトップクラスにあたまが良い人達が人々に広告をクリックさせるためにその頭脳を使っていることからもわかる。幼少期から戦隊やヒーローのテレビを見てそのおもちゃを欲しくなるようになる。大人になってもドラマを見てブランドものやいい住処が欲しくなる。テレビによる消費活動がよく言われるが、ネット広告市場の盛り上がりを見るインターネットでも同じことがあるのだと思う。

 

法則Ⅱは投資についてです。著者は不動産投資を勧めています。株式はライバルがプロのトレーダーで強すぎる、投資信託は手数料が高いためという理由でした。ネット証券で格安手数料のインデックス投資は否定できていなかった。資産家が資産を守るための投資とも言われていたが、それはそういう面もあるかもなぁ〜とい感想。でも、それだったら債権買うような気もするが

投資の本質はゼロサムゲーム

FXはそうかもしれないけど、株式は毎年成長していくしちょっと同意しかねる。

また投資対象に対してよく勉強研究して優位性を持つことを主張しており、これに関しては僕自身軽くしか調べずにやってるところもあるので反省させられた。

全体的にそうだよね〜僕もそう思ってるわーという内容だったので新しいことを知ったという感じではなかったけど、思ってたことをうまいこと言語化してくれたという感じでした。特にお金を貯める、守るという点ではけっこうおすすめできる本だった。

 

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち

 

 

オリジナル家計簿に移行した

 

 

f:id:fun2:20210412093843p:plain

オリジナル家計簿

スマホアプリで家計簿をつけているが不満点があった。それはデフォルトのカテゴリ設定では月ごとにカテゴリ比較したときにきちんと比較できないところだ。どういうことかというと、例えばある月はスーパーで食料品だけを買っていたので食費は3万円だったが、別の月はスーパーで食料品を3万円買い、さらにコロナで困っている生産者支援企画で鰤を1万円買ったのでその月の食費は4万円になった。さらに別の月にスーパーで4万円買い物して食費は4万円となった。両者は同じ差額の1万円だが、最初の4万円はイベント感覚で鰤を買った価格なので別に問題ないが、後者の4万円はなにか調査したほうが良さそうだ。つまり、単純に食費が3万円と4万円の比較になってしまい、その中身を都度見ていかないと問題の有無がわからなくなっているところに不満がある。

そこでカテゴリを必須生活費とゆとり費の2つに分けることにした。必須生活費には生きていく上で必要なコストを計上している。例えば、住まいの固定費(家賃、水道光熱費、通信代など)や食費など。一方ゆとり費はカテゴリをひとつだけにして、ゆとり費の中のサブカテゴリで同じく食費や交際費や服飾費などをつくっている。これらは生きていくうえで必ずしも必要でないものを計上している。前出の鰤代はゆとりの食費に計上される。

こうすることで生きていく上で必要そうな費用がわかる。贅沢しなければ(ゆとり費計上のものを買わなければ)いまある資産でn年生活できるな〜などわかって計算しやすくなる。

家計簿データの使い方としては削減できる固定費はないかのチェックと必須生活費の把握。だいたい必須生活費の1年程度を現金で持っていたら、残りは多少リスクを取って投資にまわしてもいいなと判断できる。つまり数値に着目する。

一方、ゆとり費に関しては、実際には必要ないはずの浪費なので、その消費が心の豊かさに寄与したかに着目する。楽しかった!良い使い方ができた!と思えれば限度はあるが高額でも気にしない。森博嗣の『お金の減らし方』で「欲しいものは高くても買い、必要なものはできるだけ安くする」という方針が示されていたと思うが、似たようなものかもしれない。もちろん良い気持ちになれなかったゆとり費は今後使わないようにしていく。

基本的な方針としては、特に健康や体験にはお金を投下していきたい。社会一般でそうなっているからという同調や見栄については切り捨てたい。

ちなみにアプリはZaimを使っています。

一病息災

10年近く群発頭痛と付き合っている。

群発期は非常に苦しめられているし、医療費も多く払っている。こんなに辛い思いをするのならばなにか特別な"能力"に目覚めなければ割りに合わないと思っている。

人生への影響もそこそこある。仕事の転職の要因にもなったが、それ以上に生活を整える動機づけになったように思う。

頭痛というか眼球の奥の痛みが非常に辛いからなんとか回避したい。それで健康に気をつけるようになった。十分な睡眠、適度な運動、健康的な食事。

もし無病だったらそれに甘えて不健康な生活をし、他の病を引き起こしていたかもしれない。実際いまのところ健康診断の結果は問題無い。

身体的なところだけでなく、精神的にも影響があった。健康なときは仕事をしていても、もっとお金が欲しい!という気持ちになるときもあるが、群発期はこんな私でも働かせていただいてありがたい・・・となんだか謙虚な気持ちになる。

そんな感じでなんとかいい面を見て溜飲を下げて、これからもやっていきたい(いまは群発期を抜けたのでこんな悠長なことが言えているだけかもしれない)

『TOCHKA』を観た

ネタバレを含みます。

 

芸術に触れようかと思い国立国際美術館のHPを覗いたところ、中之島映像劇場という企画で上映会が催されていたので参加しました。

定期的に実施されているようで、今回は『第20中之島映像劇場「松村浩行レトロスペクティブ」』ということでした。

その中で『TOCHKA』という映画を観ました。

TOCHKA - 作品情報・映画レビュー -KINENOTE(キネノート)

 

まとまりなく感想を述べようと思います。

 

まず久しぶりに公共の場で映画を観たのででかい音って単純にいいなと思いました。

美術館地下の講堂なので本当の映画館の設備には劣るのかもしれないですが十分楽しめた。

目が悪いのでなかなか観るのが難儀した。この眼なんとかしたい。

映像といえば最近はYoutubeばかりなので自分で早送りや巻き戻しや再生速度を2倍にするなどできないことがもどかしく感じた。余韻や間などに慣れがなくなっている自分を発見した。

なかなか設定や背景が確定しない中で話が進んでいくのはサスペンス感があり緊迫した雰囲気があってよかった。中盤の男の父の死についての独白はとても感情を揺さぶられた。

女がトーチカに走り戻るが途中で踵を返すシーンがあった。男を視認し安心して帰ったのかと僕は解釈したが、寄稿文では手遅れだったと気づいて帰ったことになっていた。焼身自殺中であれば遠方からでも煙が見えると思うので、その時系列は違うのではないかなーと思っている。

死ぬ理由についてはわからなかったけど、死ぬのはよくないよ。

配布されたパンフレットが豪華だった。

人に勧めるかと言われるとたぶん勧めないのだけど、暗い良い映画だった。

コロナが俺の生活を"丁寧"にしてくる

新型コロナで自粛の期間も長引いていく中で生活がどんどん丁寧になっていっている

食事

  • 少食。よく噛む。いま食べているものを意識して食べる(スマホいじりながら食べない)
  • 朝ごはんを食べない(前夜から翌昼までの16時間断食)
  • 起床後白湯を飲む
    • まだ届いていないが鉄瓶を購入した
  • 低糖質、高タンパク志向、あと発酵食品
  • プロテインはBe Legend
    • ベリー風味とミルキー風味がお気に入り
  • 食べる順番もご飯は後回し
  • えごま油
  • 毎日ヤクルト
    • 花粉症がめちゃくちゃ軽くなった
  • 土鍋で玄米炊飯
    • 白米よりおいしく感じる

「空腹」こそ最強のクスリ

運動

  • 毎日散歩などで8000歩以上
    • 最初は朝してたが、最近は夜に1時間歩いている
  • 硬式テニスをはじめた
    • 新しいチャレンジしたことを自分で自分を最高に褒めている
  • 自宅で自重筋トレ
    • たまに公園の鉄棒で筋トレ
  • 毎朝ラジオ体操をする(youtubeの動画でラジオ体操とは如何に)

睡眠

  • 睡眠時間を十分確保する
    • いまのところ月平均8時間にやや届かないくらい
  • オーダーメイドまくらをつくった
    • 良いかどうかの評価はまだ定まらない
  • MiBand4(スマートウォッチみたいなもの)で睡眠時間と質を計測
  • 24時前に就寝(これはもっと早寝にしていきたい)

その他

  • 手洗いうがい
  • 手帳に1行日記
  • ニュースは観ない
  • 家庭菜園をクレソンから始めた。
    • もう少し暖かくなったら他のものも始める
  • スキンケア
    • 化粧水、乳液、油、日焼け止め
    • レーザーでヒゲが減った
  • 家計簿をつける
    • だいたいキャッシュレス決済で自動連携

1行書くだけ日記 やるべきこと、やりたいことが見つかる!

オシャレな生活というよりはダサくても実利な生活を目指していきたい。

食品ロス削減ショップecoeatに行った

ecoeatに行ってきました。

賞味期限が間近だったり切れているものを格安で販売して食品ロス削減したり、売上で生活困窮者へ支援しているお店です。

食品ロス削減ショップecoeat(エコイート)は、
廃棄予定の飲料や食品を買取または無償で引き取り、その中から賞味期限残にかかわらず安全かつ美味しく食べていただける食品のみを陳列しております。
エコイートは一般のお客様、どなたでも陳列している商品をご購入いただくことができます。

販売している商品をご購入いただくことでより多くの食品ロスを減らすこと
より多くの生活に困窮する方を救うことができます。
皆様のご来店を心よりお待ちしております 

https://www.mottainai-shokuhin-center.org/store/ 

  

f:id:fun2:20210306171406j:image

 

噂通りとても安くて楽しい!

僕が訪れたときの品揃えは飲料、インスタント、備蓄食品、ご当地物産品が多めでした。

下記商品を買いました。

 

f:id:fun2:20210306171359j:image

ブリッツコーラ 50円 x 2

ホエイプロテイン クリアテイスト(350g) 300円 x 2

えだまめパスタ 120円

かすてら12切れ 65円

チキンカレー 120円

キャラメル 30円

さんま缶詰 50円

 

いま飲んでいるプロテインがBeLegendで1キロ3000円くらいなので350gで300円は格安!

それ以外は正直、今の僕の食事の志向性(少食、低糖質、高タンパク)としてはあまり合致しない商品のラインナップなのですが、嗜好品を買うのであればこちらで買うようにしたいなと思いました。

あとビジネスの特性上商品の入れ替わりも多そうに思うのでまた訪れてみたいと思います。

発見感あって楽しい! 

いくつか店舗もあるのでお近くにあったらぜひ行ってみて下さい。

www.mottainai-shokuhin-center.org

 

早速購入した枝豆パスタを食べた。

120円で200g入りだったが、50gで一人前くらいな感覚。(1食30円!)

茹でて塩と胡椒とオリーブオイルをかけただけだけど、普通に食べられる。

麺だけで野菜なしなのに元が枝豆なので食物繊維も取れるしタンパク質も21gも入っているのがすごい。

f:id:fun2:20210307171358j:image

2020年ふるさと納税返礼品の感想

毎年ふるさと納税をしていますが、昨年分の一部*1返礼品の感想を残しておこうと思います。

プラットフォームは楽天で、買回りしてポイントもらいながら寄付しています。

ラインナップ

【楽天市場】【ふるさと納税】B164伊万里梨「愛宕」(約5kg)大型種【令和3年産先行予約】:佐賀県伊万里市

梨。めちゃくちゃデカくて面白かったけど、味は僕好みではなかったのでリピートはしなさそう。

好きな人は好きだと思う。

【楽天市場】【ふるさと納税】<2月発送>家庭用不知火(デコポン)4kg:和歌山県広川町

デコポン。家庭用ということで見た目は悪いけど、味は最高に美味しかった。届いてすぐは酸味が強めだったけど、少し置いておくと追熟してめちゃくちゃ甘くておいしかった。今年も頼みたい。

【楽天市場】【ふるさと納税】【先行予約】【2021年11月上旬〜11月下旬発送】【数量限定】濃厚有田みかん(ご家庭用) たっぷり8.5kg※北海道・沖縄地域へのお届け不可:和歌山県美浜町

有田みかん。普通においしくてよかった。リピートしそうな気がする。

【楽天市場】【ふるさと納税】【2021年10〜12月発送】ご家庭用さぬきゴールドキウイ 約1kg【1106904】:香川県高松市

キウイ。スーパーやコストコとかで買うゴールドキウイの方が僕好みだったのであえてまた頼みはしないかな。

【楽天市場】【ふるさと納税】大島水産の「国産干物詰め合せセット」:静岡県西伊豆町

干物。もっと量の多いものもあったけど、国産だけであるこちらを選んだ。

焼くだけで美味しい。また今年も頼むかもしれない。

【楽天市場】【ふるさと納税】浜田巧の土佐文旦10kg家庭用:高知県宿毛市

文旦。まだ届いていないのですが、一昨年も頼んで気に入ったのでそのリピート。

文旦好きなんだよ。今年も頼みそう。

*1:課税所得を曖昧にする表現