読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活を人質に取られたくない

広告

まさか30前後にもなってこんな生活レベルが低いとは思わなかった。

なんなら大学生になってひとり暮らしをし始めたときが一番いい家に住んでいた。

それからどんどん質を落としていき今は一部屋に二段ベッドを2つ置いて4人でシェアしている。

生活の劣悪さとは裏腹に精神はなかなか安定している。それはこのレベルの生活であればこれくらいのお金があればまぁなんとか生きていけるんだなというのがわかってることが大きい。

別にもっとちゃんとした家に住んで生活レベルをあげてもいい。だけど、それがどんどん高まっていって生活のために働かないといけないという状況にはなりたくない。

いまのこのこの仕事をやらなくても別に生活はできるのだけど、俺は選択的に仕事をやってるんだぜ?!って上から目線を維持したい。

持ち家なんて買ったりしたらもう無理だ。生活を人質に取られたくない。

そんなことを考えていまの住処に住み続けてる。