読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クアラルンプール 3日目

広告

寝坊した。モスクのオープンが8時30分なのでオープンと同時に行こうと思ってたのにおきたら10時だった。とりあえず、受付にいってチェックアウトは何時なの?聞いたら夜の12時だとか言ってて笑った。厚かましいけど、さらに50リンギット紙幣を細かく両替してもらった。50紙幣はあまり受け取ってもらえないので不便。身支度をしてチェックアウト。2時30分のフライトなので時間がない。電車や徒歩だと時間がかかるのですぐタクシーを拾って市内最古のモスクを目指す。そのタクシーでも空港いくならこのまま連れて行くぜ?って聞かれたけどめっちゃ高かったので断った。モスクにつくと露出はいけないということでスカートを貸してくれた。短パンでいっても安心だな。日本でイスラムというとなんかテロリストのイメージが強すぎるのでやはり実際にこういうところを訪れると印象はだいぶ変わる。クッキーと水も振る舞ってくれた。朝ごはんを食べてなかったので嬉しい。2個クッキー食べた。モスクといっても特になにもない。

f:id:fun2:20150722212534j:plain

イスラム教偶像崇拝を禁じているからアッラーを象徴するようなものはなにもない。ただメッカの方に向かって祈りを捧げるだけである。陽気なおっさんが説明してくれた。それからまだ時間があったので国立モスクにもいく。初日にいったけど閉まっていたところだ。イスラム美術館も行きたかったけど時間がなく断念。国立モスクはマスジット・ジャメという名前でRPGの神殿のイメージだった。

f:id:fun2:20150722212609j:plain

ここでも布を貸してくれて着ていった。暑い。メインホールの中にはムスリムしか入れないが荘厳な雰囲気でよかった。初日にヒンドゥー教のバトゥ洞窟にいって、2日目はキリスト教の教会にいき、3日目はイスラム教のモスクいきている。この多文化ごった煮感がマレーシアっぽくていいな。文明の衝突から争いがある中でたくさんの宗教を持ちながらもうまくやっていってるマレーシアって国の存在自体が希望となりますね!ここの周辺の建物もすごくかっこいい。特にクアラルンプール駅の向かいの建物は気に入った。鉄道会社の気がするが真偽はなぞ。

f:id:fun2:20150722212714j:plain

 電車にのって空港までいく。1時頃到着しお土産を探すが欲しいものがなにもない。マレーシアの現地通貨余らせてもしょうがないと思っても欲しいものがないならばしょうがないのでなにも買わずに帰った。お土産物でグロ画像が陳列されててなんだよこれグロ画像置くなよって思ってたら煙草のパッケージだった。日本でもぜひやって欲しいね。

f:id:fun2:20150722213038j:plain

そんな感じで搭乗。飛行機の中ではアニメみたり漫画を読んだり寝てたらついた。遅れがでて終電がなくなったので途中から歩いて帰ったので疲れた。なんにせよ無事に家に帰れてよかった。ラマダン明けのお祝いですべてが閉まってたときはどうしようかと思ったけれど、なんだかんだで楽しい旅行になった。だいたい一人旅をすると満足度低いのだけど、今回はなぜかけっこう満足度高い。航空券は往復5万円。現地で使ったお金は15000円くらい。3連休だけでもなかなか遊べますよ。視覚だけで旅行ガイドで観たものを確認するんじゃなくて五感で現地を体感することに意味がある気がしてきた。現地のうるささや埃っぽさにじむ汗の感覚暑いのに臭くない空気、あらゆる場面においての現地人の振る舞い。どんな人がいるのか。観光地にいかなくても街中を歩くだけでなかなか楽しい。次はどこにいこうか。

f:id:fun2:20150722214055j:plain