読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1ヶ月のアメリカ旅行で持っていった持ち物レビュー

広告

無事帰国したので持ち物のレビューをしたいと思います。

事前の準備の記事は以下3つ

 

旅行に持っていく服 - 日記

約1ヶ月のアメリカ旅行に持っていくもの その2 - 日記

1ヶ月アメリカ旅行する持ち物 その3 - 日記

 

そして持ち帰ってきた装備がこれ。

 

f:id:fun2:20150418095756j:plain

 

見た目は全然違う!

まぁいいよね。

 

期間:2015年3月中旬から4月中旬の1ヶ月

場所:アメリカのサンフランシスコ、ヨセミテ、ロサンゼルス、シアトル、ポートランド

旅行スタイル:ドミトリー利用の貧乏スタイル

 

■バッグ

ships革のボディバッグ

家のゴミ箱に入ってたので回収して財布やタブレットなど入れてた。

革なので小さく収納がない割に重いので後述のバックパック買ってからは使わずただの重りとなっていた。どっかで捨てればよかったのだけどなんかもったいないと思ってしまった。

・福袋の不織布の袋

最初これでいこうとしてたのだけど、行く直前に母親からこれももういらないやつなのでこれ使いなさいとボストンバッグをもらったのでそっちを使ってた。だけど、折りたたみ収納できる軽い袋としてランドリーボックスとして活躍した。洗濯物を入れて、ランドリーまでいって洗濯ドライして、また入れて帰ってくる。便利だったので今後もこういう袋は持って行きたい。

・赤いボストンバッグ

冒頭の画像の右。40リットルくらいは入りそうなバッグ。

キャリーケース全盛のこの時代にボストンバッグなのはちょっとクールじゃない?

衣類をメインに収納。大事なものはいれなくて最悪紛失してもなんとかなるものを入れてた。だいたいゲストハウスに置きっぱなしだからキャスターなくてもまぁなんとかなった。

途中で捨てるつもりだったけども、飛行機内へ追加料金なしで持ち込みが可能だったのでそのまま持ち帰ってきた。

 

・mission work shop/fitzroy

サンフランシスコのミッション地区にあるミッションワークショップというブランドのfitzroyというバッグパックです。日本で買うよりもアメリカで買ったほうが安かったので現地ですぐ買いました。入国して一番最初に向かった。冒頭画像の左側ですね。

だいたい40リットルくらいと大容量。デザイン性も街中で使っててもかっこいい。しかも、防水なので雨が降ってもザックカバーとか気にしなくていい。

チェストベルトは標準装備、ウェストベルト(別売り)を使えば体全体で支えられるので肩の負担が軽減されて楽につかえる。ウェストベルトは着脱可能だからとても良い。今度このバッグパックが良いって内容だけで記事1本書きたい。

中には財布やパスポートや生活用品が入ったポーチなどなくなったら困るものを入れてた。言うまでもなくとても役に立った。

 

■衣類

f:id:fun2:20150315211601j:plain

 

左上から右へ

ユニクロ スウェットシャツ グレー

この商品をみつけてから僕の中のシャツの概念は崩壊したまま。XLのオーバーサイズなんだけど、ズボンがスキニーで細いからYラインシルエットでなんとかかんとか。楽だったからよく着てた。基本的に寒かったけどシャツの上に着てその上にダウンって感じから肌着の上にきてそのまま寝るみたいにヘビーユースした。身体と腕が擦れるとこが傷んできてる。

・コットンのジャケット ネイビー

ちゃんとしたいときに着てた。けど、ちゃんとしたいときは別にそんなになかったのでいらなかったのではないかとも。コットンだけどさすがに圧縮袋にいれてたら皺はできた。まぁハンガーがあるドミトリーではハンガーにかけとけば気にならないくらいにはなったのでコットンでよかった。

・手ぬぐい

とても役に立った。シャワーのとき使ったり汗ふいたりちょっとした汚れを拭き取ったり。外人から漢字クール!みたいな反応はなかった。

・リーフツアラー

役に立った。シャワーのときと後寒いとき追加掛け布団だったり空調の風よけになった。逆にこれがあったからエマージェンシーシートはいらなかったな。

 

リーフツアラー(ReefTourer) 超うす旅行用速乾バスタオル RA-001 ブルー

リーフツアラー(ReefTourer) 超うす旅行用速乾バスタオル RA-001 ブルー

 

 

・シャツ3着

汚れが目立ちにくいからチェックシャツをよく着てた。白シャツはその次にきてた。シャンブレーっぽいシャツはあまり着なかった。あまり気に入ってないから。持ち物として特に不満はない。

・カットソー3着(ボーダーコットン、ヒートテック黒、extraヒートテック

基本的にカットソー1枚になるほどの厚さはなかったのでボーダーカットソーはヒートテックでもよかったな。ロサンゼルスとかは暑かったけどシアトルは寒かった。

・ズボン3着、ヒートテックタイツ1着

ユニクロの黒スキニーはよく着てた動きやすい。これに黒スエード靴と黒靴下で足と靴の境界線をなくしてあたかも足が長いかのように錯覚を起こすことでスタイルの良い外人と戦ったとかなんとか。スキニーだけどポリエステル配合でストレッチが効くのでとても動きやすい。引っ掛けて破いてしまったのだけど最後まで持ってて東京のゲストハウスで捨てた。まだユニクロで売ってたらリピートしたい。

Gapのベージュスキニーチノパン。スキニーて名前だけどそこまで細くない。別に特に言うことはない。

ユニクロのスウェットパンツ。昨今のスウェットパンツ推しで街中でも使えるかなと思ったけど、やはりなんか気が進まなくて寝るときにだけ使ってた。あと他の2本のパンツを洗ってるときにはいてた。もっと単色でのぺーっとした色だったら街中でも使えたかもな。

ヒートテックタイツは寒いときよく使ってたし化繊ですぐ洗っても乾くから1着もってきておいてよかった。

・下着

装備中+3個って感じだったけど、もう1セットあってもよかった気がする。

・靴2足(ジャックパーセル白、合皮スエード黒)

楽だから結局ジャックパーセルばっか履いてた。買ったばかりで白かったジャックパーセルもなんかだいぶボロボロになった。トレッキングブーツでも結局よかった気がする。一番持ってきた方がよかったなと思ったものにコンパクトな濡れてもいいサンダルがある。毎日たくさん歩いて部屋に戻っても靴はいてるのはなかなかリラックスできないし安宿であまり綺麗じゃないシャワー室使うときなどは欲しいなぁと強く思った。

・圧縮袋

 

【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 10枚組 日本製

【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 10枚組 日本製

 

 

これ使ってたけど、裂けなかったのでよかった。ただだいたいシャツ2着くらいしか1袋に入らないのでもう少し大きい袋にしたらよかったかな。

 

総合的にアメリカ人衣類にそんなにこだわりないからあれこれ考えずに体温調整だけできればよかったかもしれん。ドレスコードあるとこ1回もいかなかったし。

 

■生活用品

f:id:fun2:20150316215512j:plain

 

左上から右へ

・スペアのメガネとサングラス

スペアのメガネは幸運にも使うことはなかったけど、サングラスはいらなかったね。だってつけたら見えないもの。わかってたことなのだけどね。バカね。

ほぼ日手帳

いろいろメモしたり考え事したり。まぁあってよかったかな。

・ブラックウォッチのポーチ

充電器や電子辞書や鍵とか日本円のコインとか使わないものを入れてた。電子辞書は要らなかったな。そんなに参照しないからwebの辞書とかで事足りた。

・POPEYE雑誌

ポートランド情報が載ってた。ポートランドいったあとサンフランシスコにあるゲストハウスの一室の机の引き出しの中に置いてきた。いるいらないで言えばいらないなぁ。重いしでかいし。

モンベルの撥水ジャケット

大雨なんてそう降らないからかアメリカ人全然傘ささない。小雨が多いので僕も降ったらこれ着てた。フードつきを絶対選ぼう。撥水で防水ではないのですごい雨には勝てないけどすごい雨には遭遇しなかったのでなんとかなった。

ウルトラマン

いるわけない。

・KindleFIre

これですごい読書したし動画みたりして大活躍。日本にはフリーWi-Fiほぼないけどアメリカにはカフェいけばほぼあるし街中でも飛んでたりするので日本より活躍してた。漫画めっちゃ読んだ。サバイバルめっちゃ読んだ。

・nexus5

E-mobileのsim抜いてアメリカのT mobileのプリペイドSIMを挿して普通にネットしてた。1ヶ月3GBプランにして使ってたけど2GBしか使わなかった。ヨセミテに電波がきてなくてまったく使わなかったことが原因かな。googlemapが非常に便利でとても役立った。バス移動でも何番のバスに乗ってくださいとか値段もでるのでめっちゃ安心。simフリー端末とてもいいね。IP電話としても活躍した。国際電話高いからね。

・cheeroモバイルバッテリー

12000mAhもあるのでnexus5を3,4回充電できる。移動してるとどうしても足りなくなるので助かった。不満は特にないけど、これかアンカーのやつがいいんじゃないかなー。

 

 

※2015年6月7日追記

いまならさらに容量大きいのとか出てるね。

cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー

 

 ・バンテリン湿布

渡米前ひどい肩こりでバンテリン持っていったけど1回も使わなかった。バンテリンの袋の中に高額紙幣と証明写真と日本simカードとか予備のクレカとか入れてた。高城剛はお茶の葉の袋に入れてるようだけど都合よくなかったので湿布の袋に入れた。幸い強盗には合わなかった。

・鍵

南京錠と自転車用のチェーン。ドミトリーにはロッカーがあるところもあってそこに貴重品いれて持参した鍵をかけるんだけどそれ用の南京錠。あとバックパックとベッドをチェーンでくっつけたりね。一応防犯で持っていったけどめんどくて全然使わなかった。なんか明らかに怪しい同室の人とかいたときのために一応持ってはいたい。

・パスポート

必須

・英語のテキスト

暇なときに勉強してたけどいらんよね。非英語圏の人と英語の勉強の話で盛り上がったときに役に立った。

・生活用品ポーチ

これは生命線。いまのポーチでもいいんだけど、広がって引っ掛けられるタイプのがちょっと欲しくなった。置き場のないシャワー室とかだと困る。

中身は常備薬(頭痛、腹痛、花粉、鎮痛剤)ウェットシート、冷えピタ、コンタクト、髭剃り、歯磨きセット、タッパーに入った石鹸、ニベアアイマスク、耳栓2セット、マスク、糸切りバサミ、目薬、日焼け止め、ピンセット、爪切り、リップ、ガムテープ。

機内持ち込みできたのでちょっと驚いた。ハサミは刃先丸いけど没収されるかと思った。

・小銭いれ

だいたいクレジットカードで決裁するからポケットに入れた小銭いれで事足りた。バックパックをおろす手間もなくて楽だった。1ドル5ドル10ドル20ドル紙幣もここに入れてた。

・お札入れ

逆にこっちは全然使わなかった。もっていかなくてもいいかも。

 ・折り畳み傘

シアトルやポートランドは雨がよくふってたのでその時にちょっと使った。使用頻度はだいぶ低い。

・エマージェンシーシート

そんなエマージェンシーなときはなくリーフツアラーで代用できたからいらなかったかな。

・空気枕

いらん。

 

 

そんな感じ。アメリカだからどうのこうのってよりは普段の旅行と同じですね。

移動中に欲しいと思ったもの

・サンダル リラックスとシャワー

Bluetoothキーボード kindleにつないでタイピングする

・予備のmicroUSBケーブル。2本持ってたけど1本壊れた。

特にそんなに不便なく終わった。

 

 

とりあえず、アメリカなんて先進国なんだからパスポートと金とsimフリーの端末があればなんとかなると思う。現地で調達できるよ。