読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

情報発信元の信用とプロポリスの素晴らしさ

広告

先日、友達と旅行の話しをしていた。

昨年はマレーシアにいって、今年はキューバに行きたいと言ったら理由を聞かれた。

マレーシアはイスラムの国ではあるけど、多民族国家文明の衝突の緩衝役になりえるという予感から行きたいと思った。

キューバは数少ない社会主義の国でありながら、フィデル・カストロが既にだいぶ高齢なことと2015年からアメリカと国交を回復しそうな雰囲気で”現在”のキューバでなくなるまでの時間が短いからという理由を話した。

すると、そういう旅行先の決定方法は珍しいということ意見をいただいた。逆にどういう風に流行先を決めるのか尋ねたところ、普通に雑誌とかみて行きたいとこあったらそこに行くということだった。

これは情報発信元を信用しているのかという話しだなと思った。どこのだれが(法人という仮の人格はもってるけど)発信したかわからない情報よりも自分が好きな人が好きと言ってることの方が信用してしまう。坊主が好きだから袈裟も好きです。

 

 

このブログで文章を書いていてアクセスして読んでくれる人がいる。すごい。

たぶん読んでくれてるのできっと好きで読んでいると思うのだけど、そういうわけで僕の欲しいものを挙げようと思う。

リピート買いしてるものはオススメで、特に下記のプロポリススプレーは推してます。

 

いまインフルエンザとか風邪とか流行ってるけどお陰でなんとかなってる。

プロポリスは西洋ミツバチからしかとれなくて日本のハチにはなかったせいもあって日本ではあまり定着していないけど、外国では一般的な様子。

私の家には父親がアメリカ出張からのお土産で 買ってきたことから普及した。

昨年にサンフランシスコ旅行したときに少し喉を痛めたときも同室のスペイン人のアルベルトがこれを使うといい!とプロポリススプレーを貸してくれた。

ひとり暮らしをしてからAmazonで買ってみたけど、だいたい海外のものと違ってエタノールで希釈してごまかしている感じをうけてしまう。実際エタノールがいい働きをしているのかもしれないけど、それは僕の求めるところではない。

そんな中、上のブラジル産のプロポリススプレーはよかった。エタノール入っていなくて沁みない。

会社としては日本とブラジルの架け橋になりたいとのことで商品だけでなくてブラジルのちょっとしたお菓子から日本で行われるブラジルのイベントの告知から手書きのメッセージまであって、これ本当にAmazonで買ったものなのか!?と思ってしまうほどハートフルな感じだった。

ちょっと値段もするけど、1回の使用で2プッシュスプレーするくらいなのでそんなにすぐなくなるものでもないのでオススメです。

 

Amazonウィッシュリストを公開しました。

ちなみに、今月誕生日です・・・・!(すべてはここを言いたかっただけ)