読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クアラルンプール 2日目

広告

8時頃起きた。今日は郊外の古都マラッカにいこうと思った。シャワーを浴びて歯を磨いてコンタクトを入れて等々済ませてリビングにいくと大雨だった。

f:id:fun2:20150722205659j:plain

スコールだろうか。止むまで待とうと本を読んだりしているが10時になってもやまない。マラッカにいくのは諦めた。もういいや近所に出かけようと思ってエントラスまでいくが思ったよりも強い雨で嫌になった。すると、女の子も同じように雨に途方にくれてたのでどこいくつもりなの?と聞いたら近くのコンビニだったので折りたたみ傘を貸してあげた。10分くらい本当に傘返ってくるかなーと思って待ってたら無事に返ってきた。良いことをしたら雨も弱くなったのででかけることにした。朝市にいく。多少歩いたけど、この日は短パンだったので涼しい。朝市のバックヤード側は鶏がたくさんケースに入っており僕達の食べているチキンはこいつらなんだなと思わされた。屋台はいろいろあってどれにしようか迷ったけど、店員さんが一番かわいい屋台にした。で、色々食べた。

f:id:fun2:20150722205747j:plain

それから近くのカフェでコーヒーを飲みながらカフェWi-Fiでスプラトゥーンのゲーム実況とか観ていた。昼すぎに独立広場にいくことにした。歩いて向かっていたけど暑さがしんどくなったので電車に乗ることにした。ところで、クアラルンプールは2つの泥の河が交わるところみたいな意味らしい。その2つの泥の河が交わるところについた。そこにはKL最古のモスクがある。どうせ入れないんだろうなと思ったら今は昼休憩中だけど入れるみたい。やったぜ。オープンするまで独立広場に向かう。

f:id:fun2:20150722205902j:plain

ここはだだっ広くて芝生があってその周囲はかっこいい歴史的建造物が囲んでてとてもいい場所だった。写真を取りながら1時間くらい歩いていたんだけど、2ヶ所で計4人の女性に一緒に写真とってくださいと言われたのでマレーシアで僕はスターなのかと思った。地球は広く70億人もいるんだから自分を高く評価してくれる文化圏もあるのだろう。それからクアラルンプール歴史館にいった。入館料は5リンギットなんだけど、併設されたカフェで使える5リンギットクーポンをくれたので実質ただみたいなものだ。なかなか楽しいところでここでも何回かカメラマンだけをした。ボランティア精神に溢れている。併設されたおみやげ物コーナーでポストカードを買ってカフェで家族に内定が出たとしたためた。こいつマレーシアで働く気か!?って誤解される気がする。途中で全身黒い布をまとった女性二人がカフェに入ってきて布の隙間から飲食しててすごい興味深かった。大変そうだ。そんな感じでカフェでだらだらしてたらモスクの拝観時間が過ぎてしまった。しょうがないので独立広場周辺をさらにだらだら散策していろんなミュージアムにいった。英語を読むチャレンジをする気がないから理解はしていない。建物がかっこいい。

f:id:fun2:20150722210314j:plain

テキスタイル展の各民族の伝統衣装のコーナーが面白かった。サリーかわいい。そんなこんなで18時ごろになった。18時から近くのキリスト教会でお祈りがあるとのことだったので完全に観光気分でいったらみんなちゃんとしてて申し訳なかった。はじめてお祈りに参加したのだけど、けっこう礼拝者も参加型で一緒に劇をやってる雰囲気だった。キリスト教の儀礼もわからなければ説明の英語もわからないしでちんぷんかんぷんだった。90分ほどで終わった。言ってることはわからなかったけど、動きや流れを体感できたのはいい経験だった。教徒には申し訳ないけど。いきなり近くの人達と握手するフェイズがあったり(隣人を愛せとか1人じゃない的な?)、途中で青い袋がまわってきてみんなそれに手を突っ込んでなにかしてるけど、全然なにをしてるかわからなかったとき(実際はたぶん寄付を募ってた)と、みんなで順番に前にいって聖杯的なものを用いてなんかお菓子的なものを食べたりしてるのがあったのだけど、それは参加すると完全に無知による無礼な振る舞いをしてしまいそうなのでいかなかった。他の参加者は全員みんな行って僕だけ行かなかったので逆に浮いてた。最後に今日はじめてここにきたひと挙手〜!みたいなこと言ってて、その人に向けて拍手とかしてたけど僕はステルスを決め込んだ。終わったあと前の列のご婦人に話しかけられた。はじめて来て全然勝手わからないし英語もわからなかったの。ごめんね。といったらウェルカム、ここであえて嬉しいわといってくれて僕は救済された。その後、コーヒーやお菓子が振る舞われていたけど、日も暮れてきていたのですぐ教会を後にした。ライトアップされた建造物も綺麗だった。

f:id:fun2:20150722210604j:plain

夜の方が暑くないので過ごしやすいな。ホテルに戻ると女子大生たちはもうチェックアウトしたようで静かだった。フィリピン人の男がまだいたので、これから晩飯を食べに行くけど、一緒にどう?って誘ったら一緒に行くことになった。こういうゲストハウスでの定形の会話みたいなのがある。どこから来たの?とかどこ行ったの?おすすめは?○○はどうだった?どれくらいいるの?とかそんなのだ。今回もそんな感じでどれくらいここに滞在してるの?と聞いたら2年と答えられてビビった。"年"て。フィリピンで働いていたけど、クアラルンプールだと給料が2倍になるからこっちにきてゲストハウスに住みながら会社勤めをしているとのことだった。この前アメリカのサンフランシスコに行ったときもゲストハウスに住みながら学校に通っている人がいたのでゲストハウスに住むというのは選択肢としてありなのかもしれない。こうやって自分の中に新しい選択肢がインプットされていく。アロー通りで適当に食事をする。英語での会話だったのだけど、毎日家で適当な英語を話してる甲斐もあってちゃんと意思疎通して雑談することができた。2年前のタイでは雑談がなにもできなかったのを思い出し、多少は成長してるなと嬉しく思った。明日の昼には日本に帰るけど午前は時間があるからなにするのがいいと思う?って聞いたらKLはペトロナスツインタワーとバトゥ洞窟と独立広場だけいっとけばもういいよと言われた。コンプリートもうしてた。マラッカをおすすめされたので次回は行きたいと思う。後半はしょうもない話しをしてた。左手の薬指に指輪しているけど、結婚してるの?いや、してないよ。そうなんだ。あなたはしてるの?僕はしてないよ。探してる。そういえば、今日独立広場でモテたよ。それはいいね。僕はいま言ったように独立広場にいってたけど、あなたはなにをしてたの?一日中韓国ドラマを観てたよ。韓国ドラマって恋愛もののイメージだけど?そうそう、恋愛ドラマを観てた。恋愛ドラマ好きなんだ?そうだね。じゃあ、今から僕があのかわいい店員さんと恋愛ドラマやるからね。Excuse me !等々。

f:id:fun2:20150722211543j:plain

ご飯を食べ終わってホテルに戻るときにコンビニによったらレジ前の日本で言うとガムとかフリスクとか売ってるついで買いの陳列場所にコンドームがすごい陳列されててガンミしてたら笑われた。岐路ですごい破裂音がすると思ったら交差点の真ん中で打ち上げ花火していて笑った。ホテルの窓にあたってるんじゃないか?これ。ホテルに戻ってからはシャワーあびて、ドライヤーがないので自然乾燥をネットしながら待って寝た。

f:id:fun2:20150722211724j:plain