壁の薄さを嘆く人たちへ

広告

某賃貸とか顕著だけど壁の薄さを嘆く人はよくいる。だけど、壁があるだけマシだと思おう。僕は一部屋に4人で住んでるので壁すらない。そんなこといっても劣悪な環境で生活することはとても大変だと思うので、僕が睡眠時にどうやってるかをお伝えしようと思う。

 

1.視線から隠れる

二段ベッドが置いてあるだけなのでプライベートなどない。天井からリーフツアラーを吊るして目隠しにしてる。上半身くらいしか隠れないけど十分。

 

リーフツアラー(ReefTourer) 超うす旅行用速乾バスタオル RA-001 ブルー

リーフツアラー(ReefTourer) 超うす旅行用速乾バスタオル RA-001 ブルー

 

 

2.光から逃れる

明るいところで寝ると睡眠の質が低くなるけど、4人もいると就寝時間は様々だったり、暗くしてても同居人が帰宅してきて電気をつけることもある。なのでアイマスクをして寝ている。

 

 僕はこれを使ってる。飛行機に乗ったときに配られたのを最初使ってたけど使い心地がよくなかったの買い替えた。僕は頭が大きいのでややゴムひもがきつい。耳につけるタイプではないので耳はいたくなくなった。立体的なのでやや楽な気がする。鼻の間からやや光が漏れるけど十分暗い。だけど、だいたい朝起きると外れてる。

 

3.音から逃れる

イヤープラグつけてます。耳栓。僕はこれを使ってる。

 

3M E-A-Rsoft Super Fit (3M スーパーフィット 5ペア 北米版)
 

 

潰してから耳の中にいれて、しばらくすると元の形状に戻ろうとしていく音がなかなか面白い。最初のうちは違和感を覚えるかもしれないけどそのうち慣れると思う。防音性はいままでいくつかの耳栓を使ってきたけどなかなかいい。人の声もまったく聞こえないということはないけどかなり小さくなる。1ヶ月くらい使ってるけど特に問題もないので耐久性もよさそう。

 

だいたいこの3点セットでちゃんと寝られています。しかし、これで寝るとアラームが聞こえにくくなるという難点がある。睡眠時間を削ったりすると普通に寝過ごすのでしっかり睡眠時間を確保することが重要になります。7時間くらい確保するとわずかに聞こえるアラーム音で起きることが出来る。耳栓とアイマスクは旅行中でも大活躍なのでいつも持って行ってます。本来の意味での壁ドンする前に検討してみてはいかがでしょうか。